【CDせどり仕入の概要 店舗せどり】

せどり業務で一番最初に取り組むのが「仕入」です。

 

仕入には大きく分けて2種類あり、実際に店舗に足を運んで仕入れることを「店舗せどり」といい、ブックオフ・ゲオなどの中古チェーン店や街の古本屋、タワーレコード等のCDショップ、家電量販店などがこれに該当します。

 

もう一つが「電脳せどり」と言われるもので、インターネットを使い、アマゾンやネットオフなどのWEBショップで仕入を完結させることを言います。

 

仕入方法それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらの方がいいということは一概には言えませんが、実際に試してみて効果の上がる方を継続していけばよいと思います。

 

仕入と言っても、いきなり何百枚も利益の出る商品を仕入れるのは難しいですし、仕入費用もかさんでしまうので、慣れるまではなるべくお金のかからない方法で仕入れるのがよいでしょう。

 

店舗せどり

ブックオフではCDを1枚100円から買うことができる店舗もあります。

シングルCD(定価1000円程)が100円コーナーになりやすいですが、店舗によってはアルバムCD(定価2500円程)も100円で販売しているところもあります。

半額セールやキャンペーンを利用すれば1枚50円で仕入れられることもあります。

 

CDショップによっては1枚10円で売っている場所もありました。

10円で仕入れて6000円で売れる、なんていうことも実際に起こっている事実です。

粗利では5990円の儲けですから、単発バイト1日分相当の稼ぎになります。

このようなことが毎仕入ごとに起こるわけではありませんが、割と起こりやすいというのが正直なところであり、CDせどりの醍醐味でもあります。

CD1枚の仕入は10円がストップ安かというと、そうでもありません。

10円以下でも仕入れることが可能です。

それを可能にするのが、ヤフーオークション等を利用したCDセット仕入です。

ヤフーオークションではいろいろな人がいろいろな価格・アイデアで商品を出品しています。かなりの人数・出品数がありますから、中には比較的安く仕入れられるケースもあるのです。

 

CD100枚が1円で落札できることも稀ではありません。

送料をこちら側で負担しても、安ければ501円程度でCD100枚を購入できます。

このケースの場合、1枚当たり単価5円で仕入れられたことになります。

 

このように仕入れ費を安く抑えられれば、その分利益も多く見込めます。

しかし、他のせどらーも同じような考えをしていると思われますので、早い者勝ちではありませんが、出品されている商品に常に目を光らせてリサーチしていく必要があります。毎日の積み重ね、バイヤーとしての力量が試されるところです。

 

「店舗せどり」では10円から、「電脳せどり」では10円以下から仕入が行えることが分かりました。私もいろいろ試行錯誤した結果、現在は電脳せどりのみで仕入を行っています。

仕入れる商品の見定め

では、実際に店舗に足を運んでから、どのように商品を見定め購入するかということです。

売れる商品を知っていて、かなり記憶力のある人であれば、CDコーナーの棚を見て、このCDはいくらで売れるので仕入れる、といういわゆる目利きで買うことができます。

しかし、私も含め大多数の人がそこまで覚えることは難しいと思います。

高額商品リストを作って、それを見ながら仕入れる方法もありますが、リストを作るのにも膨大な時間がかかりますし、店舗の滞在時間もかなりかかってしまい、時間対効果が低く、非効率的です。

 

しかし、一度そのようなリストを作ってしまえば、あとはその商品を探すだけで利益が見込めるわけですから、高額商品リストは一考の価値があります。

時間に余裕のある方は勉強がてら作成するのもよいと思います。

どのような商品が高額なレアCDかを調べる方法は後述します。

 

売れるCDがわからない状態で店舗で仕入れる場合は、携帯電話で調べる方法か、市販のバーコードリーダーを利用し調べる方法があります。

Amazonランキングで判断する

一番手っ取り早くCDの価格を調べるのに有効なのは携帯電話のインターネットからアマゾンのページを開き、アマゾンの検索欄を利用する方法です。

アマゾンではバーコードの番号で商品は管理されていますから、そのCDのバーコード番号をアマゾンの検索欄に入力し検索をかけることで、その商品のページが表示されます。

商品ページが表示されることで、そこに商品名・価格・出品者数・ランキングなどが出てきます。

その数字を頼りに、仕入れるか仕入れないかを判断します。

どのランキングで何日くらいで売れるという明確なデータはありませんが、大体の目安はあります。

あくまで感覚ですが、ランキング10万位以内であれば、1か月くらいあれば売れていきます。ランキングが30万位~50万位で3か月程度、80万位で半年~一年以内に売れていく感じです。ですので、私の基準は80万位以内のCDであれば仕入対象になります。

仕入基準に関しましては、一枚何円まで出せるか等、それぞれの考え方・感じ方があると思いますので、実際に仕入れてみて自分なりの基準をもつことが大切です。

 

 

アマゾンの検索欄を利用して価格を調べる方法で、店舗の棚にあるCDを調べていくわけですが、ワゴン一つくらいであれば全てのCDの検索も可能ではありますが、店舗にはかなりの枚数のCD在庫がありますので、全部を調べるのは相当時間がかかります。

しかも他のお客様もいますので、なかなか根気のいる作業になります。実質的には一度で全部調べるのは無理です。

 

 

そこで、どのCDが利益が出ないのか、いわゆる1円CDなのかを覚えていき、1円CDではないものを検索するという方法が良いです。

全部のCDを調べるよりは格段に素早く仕入ができます。

いわゆる1円CDとは?

1円CDとは、アマゾンで1円で販売されているCDのことです。

アマゾンでは最安値が1円からCDを販売していますので、ある程度CDをたくさん検索していくと、どのCDが、いわゆる1円CDなのかを覚えることができます。

メジャーなアーティストだと大体1円になっていることが多いです。

これは需要と供給の関係上のことだと思われます。

たくさん販売されているCDは市場にたくさんあるわけで、入手しやすい為安値になるということです。

しかし、最近の作品やあるいはかなり昔の作品である場合、プレミア化している場合もあります。

こればかりは、高額CDリストを作成するか、地道に検索をかけるかをしないと、どのCDがプレミアCDかはわかりません。

すべてのCD価格を把握している人はいないと思いますので、ここにCDせどりの魅力があります。

地道に検索をかけ、1点1点判断していくことが利益につながりますし、自分の目利き力・スキルを高めていくことにつながります。

経験を積んでスキルが高められれば、稼ぐことがだんだんスピーディーに楽に行えるようになってくると思います。

しかし、基本は地道な検索作業ですので、コツコツと地道に真面目に作業を行える人、根気のある人、努力家には向いていると思います。

プレミアCDの傾向は?

プレミアCDに傾向はないのか?という意見もあると思いますが、これは傾向と対策は立てにくいです。

しかし、ハードロックで言えば、ジャケットがいかにも高そうな手の込んだCDの場合高値である時が多いなどの傾向はあります。

邦楽で言えば、裏面のバーコードがT49880000など、昔の品番であるCDで高額なCDが多い気がします。

古いということは現存している確率も低くなるわけで、納得がいきますが、ただ単に古いだけでプレミア化するというわけでもありません。

 

1円CDという、まるでそのCDに価値がないような言い回しは非難を浴びそうですが、あくまでせどりを行う上での名称ですので、そのCDに価値がないというわけではありません。名盤と呼ばれるCDでも1円で買えるわけなので、その人のとらえ方ひとつで価値は変わってきます。この、「その人のとらえ方で価値ば変わる」というところが味噌で、ヤフーオークション等ではアマゾンで1円CDに近いCDが高値で落札されることもあるのです。これもCDせどりの醍醐味の一つです。

携帯電話で調べる方法の他に、市販のバーコードリーダーを使用する方法があります。

これは手のひらサイズの機械で、CDのバーコード部分をスキャンするとアマゾンの検索と同じようなイメージで、商品詳細が表示されるという商品です。携帯電話と連動させるものが多いようです。せどり用に開発されたものもあります。価格は2万円程度から買えます。せどりが軌道に乗れば、2万円はすぐに戻ってきますので、買う価値はあると思います。

かなり効率的に商品を調べることができます。

しかし、せどりがある程度広まってきた現在、バーコードリーダーの使用を禁止している店があります。

ブックオフでは取り締まりが厳しいようです。

店側としては、せどらーによってどんどん商品が買われていってしまうことは売上が上がるわけですので、メリットだと思うのですが、店によってはせどり禁止の張り紙があるところもあるほどです。

おそらく、商品が売れることがいけないのではなく、せどらーのマナーが悪いということなのだと思います。

一般のお客様からすれば、バーコードリーダーであちらこちらを調べている人がいれば、目障りにもなりますし、買い物をする気が失せてしまうかもしれません。

棚から出したものを同じ場所に戻さなかったり、その辺に積んであったりすれば、いい気分はしないでしょう。

店舗側の余計な仕事も増えることになります。

しかし、実際にブックオフ等に行ってせどらーの方を見ればわかると思いますが、かなり血眼になって仕入をしている様子が見えます。

これを職業としている人もいるわけで、生きるか死ぬかの瀬戸際の人もいるかもしれません。必死になるのもわかります。

それだけ必死になるということは大事だと思うのです。

それだけの熱意があれば、高額CDや売れるCDの覚えも早くなるはずです。

ブックオフ以外の仕入れ先

店舗せどりの仕入場所として、TSUTAYA等のレンタルCDショップも見逃せない仕入ルートです。

レンタルCDショップでは、最新のCDがどんどん入荷されてきますから、棚のスペースを確保しなければなりません。

その際に棚から外される商品があります。

この棚から外されたCDが販売されている店舗もあります。

いわゆるレンタル落ち,レンタルUPと呼ばれるCDです。

どのCDがレンタルUPになるか、価格はいくらかというのは店舗によって異なっていますので、近場にあるショップをチェックしてみるとよいです。なかには遠征・出張のような形で、他県まで仕入に行く人もいるほどです。

 

ショップによって、一枚50円で販売しているところもあれば、4枚で1000円や、シングルは100円、アルバムは300円としているところなど様々です。

 

レンタル落ちになるCDも古いものばかりではなく、かなり新しいCDも販売されていることもあります。新しいCDの場合はかなりおいしいです。ランキングも高く、価格も高いCDが多いからです。比較的新しく発売されたCDはプレミア化してはいないものの、高い価格を維持しているものが多い傾向があります。