電脳せどりでヤフオクで仕入れる

ヤフオクやAMAZON、ブックオフオンライン、駿河屋などのサイトで仕入れることを

「電脳せどり」といいます。

 

電脳せどりのメリットとしては、単品で買う場合、商品価値を調べることができる点が挙げられます。

 

AMASHOW、AMAZON、オークファン等のサイトで検索をかければ、過去の落札相場や現在の販売価格が分かりますので、高額なレアCDであるかどうかも知ることができます。

 

単品での購入であれば、一枚一枚調べて仕入れるかどうかを判断できます。

セット商品の場合は、商品画像から判断するしかありません。

 

仕入はパソコンがあればできますので、自宅やカフェなどで行えるため、交通費や時間の節約になるというメリットもあります。

 

また、クレジット払いで買える場合もあるため、資金繰りに余裕ができます。

 

店舗せどりと違い、大量の商品から検索ができますので、仕入の幅が広がります。

 

じっくり落ち着いて仕入ができるのも大きいでしょう。

 

送料はかかりますが、自宅まで配達してくれるという点もメリットです。

 

仕入先は無限にありますので、穴場の仕入先を確保できれば、かなり助かります。

 

ヤフオク仕入狙い目のセット商品

ヤフオク仕入に限らず、電脳せどりでは商品画像からその商品を仕入れるか判断する必要があります。

 

明らかに1円CDばかりの画像の商品は避けた方が良いでしょう。

 

フィルム入りのCDが多いと見受けられる場合、CDの状態が良い可能性が高いです。

 

画像に少しでも価値のありそうなCDが写っている商品の方が、売れるCDが入っていることが多いです。これは出品側としても気を付ける点で、自らセット商品を販売する場合には、他の人が買ってくれそうな商品画像を撮ることが重要です。

 

オークション代行業者のCDセットは安く出品されていることもあります。代行業者か否かは商品説明に書かれていることが多いです。

 

倒産品を扱うストアのセットも、処分品によりレアものが混ざっていることがあります。

 

即決価格で販売されている商品は、枚数が多いわりに価格が低いこともあるので、単価が安く仕入れることもできます。

セット商品を仕入れる場合は、単価いくらで仕入れるかをあらかじめ決めておいた方がよいでしょう。

 

商品画像がピンボケしていたり、画像が分かりずらい場合は価格が低くなる傾向がありますので、狙い目です。逆に自分の販売商品画像が分かりずらい場合には、価格が高騰しないことが多いですので、出品する際には注意が必要です。

 

商品名の欠陥があり、検索に漏れてしまうCDセットも他者が見逃してしまい、価格が安く仕入れられることがあります。例:CDセットではなく、CBセットになっている場合等。

 

サンプル品が多いと明記してあるCDセットは試聴用にはいいですが、販売はできないので、注意が必要です。

 

ストアの店頭品か、個人保管かの違いもあります。店頭品は比較的状態が良い場合が多いです。個人保管でもコレクターの場合などは状態が良いこともあります。

 

セット仕入の場合ですと、一時的な保管場所が必要になりますので、何枚くらいであれば仕入可能かどうかも気を付ける必要があります。

 

妙な時間に終了時刻が設定されているオークションも安値で仕入れられることがあります。

仕入を行い、販売できるCD以外の価値の無いCDは、どんどんCDセットにして再販売することで、新たな仕入資金も確保できます。

 

CDセット販売は、数をこなせばコツが分かってきます。