販売価格の基本について

 

販売価格を決めるには、さまざまな要素を考慮する必要があるが、基本を理解しておくことは重要である。

 

 

販売価格の基本は「販売価格-原価=利益」である。

 

 

(1)原価とは

□原価とは

「原価」とは、仕入れ価格や材料費、配送費、梱包材費、人件費など、商品を販売するのにかかった費用の合計をいう。

 

 

□原価の計算

CDを1枚販売する場合のおおよその原価の計算方法

・ケース代(新品に交換する場合):28円

・プチプチ平袋:10円

・クリアパック(OPP袋):4円

・クッション封筒:25円

・CDの仕入れ価格:25円

・ヤフオクに支払う手数料(1枚当たりの売り上げの10%)

〇合計:28+10+4+25+25=92円

◎原価:92円

 

 

この場合、1点あたりの原価は92円となる。

 

 

仮に商品の仕入れ価格だけを考慮して100円で販売してしまうと、ヤフオク手数料10%がかかるため、1点あたりの利益は0円となる。

 

 

販売価格を考える前に、まず大前提として「原価=商品の仕入れ価格」ではないことを考慮する必要がある。

〇手数料の考慮

ヤフオクで販売する際には、販売した商品に対して一定の手数料がかかる。販売価格を考える際には、利益から手数料が差し引かれる、ということも覚えておく必要がある。