成功する人の特徴

成功する人は、「起業に大きなチャレンジが必要ない」ことを知っています。

多くの人が感じるハードルは、自分が生み出した幻想にすぎません。

それが分かった人から次々と成功していきます。

成功している人は、大きな目標に到達するために、細かな階段を作っています。

今できる小さな一歩を大事にし、無理せず一歩ずつ登り、最後に目標を達成します。

売上目標は経営者が自由に決めていい

売上目標は他人がとやかく言う筋合いのものではありません。

「~しなければならない」という思考はよくないです。

事業の規模によって売上の規模も変わります。

300億が妥当な事業もあれば、300万円が妥当な事業もあるわけです。

自分が納得して「これならできそう」という感覚がある売り上げ目標を立てるのがコツです。

あまり高い目標だと、やる気にならないからです。

もちろん、特に目標を決めなくても、自由に楽しく仕事ができているなら問題ありません、

良い売上目標は、楽しく自分を行動させてくれます。

お客様が育ててくれる

「完璧な商品を提供しなければ!」と意気込むことも大切ですが、お客様は、そこまで完璧を求めていないことも多いです。

ビジネスを始める当初は、お客様が育ててくれるものです。

その方々は、「今のあなた」に多くを期待しているのではなく、「未来のあなた」に期待して投資しているのです。

ですので、起業当初は、営業をするというよりは、「応援者を募る」くらいの気持ちで発信していくのがちょうどいいかと思います。

その応援者の方々に、「あなたの成長」という価値を提供するのが、起業当初の仕事かもしれません。

起業当初から成功する人は、健全な下心を持つ

起業家としては、「リターンを得よう。利益を上げよう」というくらいがちょうどいいと思います。

志を持ちながらも、自分に下心があると分かって行動するくらいが、バランスとしてよいと思います。

そのくらいの気持ちをもっていないと、ビジネスではなく、ただのボランティアになってしまいます。

もちろん、自分の利益だけに執着してしまうと、ビジネスもうまくいかないでしょう。

意識するといいのは、「自分も含めたみんなの利益」です。

自分が成功するために、周りの人にも成功してもらうと考えると、与えることも無理なくできるのではないでしょうか。

コツは、すべての行為にリターンを求めないこと、すぐに求めないことです。

自分の貢献したことのうち、10に1つでもリターンがあればいいかなと思うくらいでちょうどいいと思います。3年後、5年後くらいにリターンがあればいいなというくらいの余裕も必要です。

そういう気持ちを持っていると、いつの間にか自分が志の高い人間になってきます。そのときには、ビジネスもうまく回っているでしょう。

多くの場合、人に貢献したら、元は取れるものです。

他人への貢献は、未来の自分への投資です。

多くの成功者が、「しんどい」と思いながら仕事をしています。それでも気分転換しながらやっています。

成功者も、ほとんどが凡人です。凡人が結果を出していることに気づいた人は、成功に近づきます。

同じように「しんどい」と思いながら、自分の仕事に取り組んでいる人たちが世界中にいることを想像しながら、自分の仕事に打ち込みたいものです。