「身の丈」起業のすすめを読んで

理屈ではなく、イメージを描く

・人間を成長させるのは、何かに憧れて、それに向かっていこうとするエネルギーである。毎日をなんとなく過ごすのと、将来なりたい自分のイメージをしっかりと持って毎日を送るのでは、大きな差が生じる。イメージを描けない人は、現実に流されやすい。現実に流されてばかりいると、起業のチャンスを逃すことにもなりかねない。

・人間の想像が現実的に及ぶのは、せいぜい5年から10年程度であろう。適度なところとして、5年後の自分の理想像をイメージして、それに向かって自分をプロデュースすることをおすすめする。まず、思わないことには実現しないので、たいそうな自分をイメージすることも重要である。思いをめぐらすという時間が絶対に必要である。できたイメージは公言することで、周囲の人からフィードバックを得ることも期待できる。公言することで、自分の変化の速度を高めていくことが大事である。熱くなっている自分の考えも大事であるが、冷静な周囲の意見に耳を傾けること機会を持つことも、同じくらい大事なことである。

・周囲の環境はどんどん変化していくし、自分も日々成長しているわけであるから、自分の理想とするイメージはどんどん変わってよい。