日頃の業務の何か励みになるようなメッセージが載っていないかどうか、読んでみました。
少しではありますが、参考になるメッセージがありました。

他社にまねされるような商品をつくれ

私は、昔よくヤフオク出品で真似をされていた時期があります。商品名、商品内容、画像まで全てを真似されたこともあります。
世の中のほとんどの物事は、何かの真似事なのではないかと思います。アイデアも。既成のものと既成のものの組み合わせで生まれるといいます。
ブログ等も、コピペなども横行しているのではないでしょうか?
コピペも、コピペの仕方は人それぞれだと思うので、うまく組み合わせたり、切り抜いたりできるのは、その人の能力なのではないかとも思います。

やってみなはれ。やらなわからしまへんで。

これはサントリー創業者の言葉です。とても勇気をもらえる言葉の一つです。私は早稲田大学のラグビー部のファンだった時期があり、当時の監督の所属がサントリーでした。やってみなはれの精神は私の起業熱にもずいぶん影響を与えてくれたなと感じます。

小さな前進の積み重ね

成功を収めるには、一発大当たりを狙うのではなく、小さな前進をたくさん積み重ね、つなぎ合わせていかなければならない(ブルームバーグ)

私が昔アルバイトをしていたバイト先の社長は、100円玉を一枚一枚回収しながら、100円の積み重ねが大事だよ、ということを教えてくれました。今の私の起業家精神の源流ともなっている教えです。

大きく稼げる人もいれば、小さな積み重ねで稼げる人もいる。人それぞれです。ジャンルにもよるのかもしれませんが、CDせどりは後者です。10円、20円の積み重ねです。それが1か月、1年と積み重なることで、生活できるだけの収入となるものです。

スティーブ・ジョブズ(アップル)

「先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない」

CDせどりをやっていても思いますが、出品した商品が売れるかどうかは、誰にもわかりません。もちろん、相場が決まっている商品が多いので、安ければ売れるとは思います。しかし。運まかせな部分も多々あります。せどりにかけるのは怖い。ですが、信じて進むしかないと思います。

苦しい仕事のうちにも愉快があることを発見するまでには、幾多の修養を積まねばならない

今、YouTubeやブログで稼げている人たちは、おそらくたくさんの修羅場をくぐってきているんだろうなと思います。私も、10年近くCDせどりをやってきて、やっと落ち着いてきたというか、全体像が見え始めたような気がしています。今でも、試行錯誤は続いていますので、まだまだ修行中の身です。

成功が努力より先に来るのは辞書の中だけだ

どんなことをやるにしても、努力することは不可避だと思います。楽して稼げることは、ほぼほぼ無いと感じています。せどりにしても、一日の終わりにはヘロヘロの状態です。やった分だけ収入に跳ね返るので、やりがいはありますが、努力は必要です。

人生に満塁ホームランはない。ゴロやバントを狙え

満塁ホームランがどれだけのものかは、その人の価値観によると思います。せどりでも満塁ホームラン級の儲けが出ることは稀にあります。ほとんどはゴロやバントです。

魚は招いて来るものではない

「魚は招いて来るものではなく、来るときに向こうから勝手にやって来るものである。」まさにその通りだと思います。魚を獲ろうと思えば、常日頃からちゃんと網の準備をしておく必要があります。
これは人生全般に言える名言です。