過剰なリスクを負わずに、自分のサイズ感に合わせて起業なり事業をすることを一昔前は「身の丈起業」という風に呼んでいました。この考え方は現代でも使える考え方だと思います。

「起業」というと気後れする気もしますが、誰でも簡単に始められることを「起業」「事業」と呼んでもいいのです。その人の捉え方によるものだと思います。

「好きなこと、やりたいことを仕事にして、自分のペースで働くことが出来る」という人生を実現し、「仕事=生きがい」に変えている人、幸せな人生を送っている人は世の中にたくさんいます。

才能が無くてもいい
資金が無くてもいい
失敗も怖くない
心豊かな暮らしが出来る
自分の生活スタイルに合わせて働くことができる

サラリーマンでもなく
ボランティアでもなく
専業主婦でもなく
趣味人でもなく

そんな新たなライフスタイルを送っている人達が現実にいます。

最も重要視するのは、「好きなこと、やりたいことを、マイペースでできること」。

好きなことを仕事にして暮らすことは、だれしも夢見ることだと思います。

好きなことを仕事にする際に気をつけること3選

①社会ニーズに対応しているか

社会ニーズに応えるものであれば、そのビジネスで大きく失敗する可能性は低いでしょう。

②優位性があるか

他人より優っている経験や技術があるかどうかです。人には真似できないキャリアを持っていることは、大きなアドバンテージ(強み)になります。

③アイデアや見せ方が優れているか

斬新なアイデアであれば、ビジネスとしても成功しやすいと言えるでしょう。どこかで聞いたことのあるものでも、見せ方によっては差別化することができます。大事なのは創意工夫です。

①から③のどれか一つでも満たすことが出来れば、ビジネスとして成功する可能性が高いと言えます。どれにも該当しないということであれば、もう一度、自分自身を見つめ直し、起業プランを考え直す必要もあるかもしれません。

小さな事業・副業・起業の目標

周りの人を幸せにし、社会に貢献する。自分自身も心豊かに生きる。これが目標です。

起業の目標がしっかりとしていれば、どんなに小さなビジネスでも、必ず誰かの役に立つことでしょう。そしてそれが巡り巡って社会貢献となります。

「無理をしないこと」これも心豊かな生活を送る目標のための大事なキーワードです。

「なぜ起業したいのか」を自分自身の中で整理すること。お金儲けだけが目的の起業は、おそらくうまくいきません。起業とは、自分と社会とのつながりを作ることでもあります。自分の行動が社会のためになる、そしてそのつながりが認められれば、対価としてお金が発生するのです。

起業をしたいと思いながら、二の足を踏んでいる人もいるかもしれませんが、そんなに怖がる必要はありません。たいていのことは、なんとかなります。何かトラブルに見舞われたとしても、一つ一つ解決していけばいいのです。必ず解決の手段はあります。

自分のやりたいことがあるなら、失敗を恐れずに勇気を出して、最初の一歩を踏み出してください。そうすれば、自然と次の一歩が出ます。一歩一歩が積み重なれば、いつの日か走り出すこともできるはずです。