社会が求めていることは何か

いくら自分が実現したい夢でも、いくら大好きで得意なことでも、それが社会に求められていなければ、ビジネスとして成立しません。商売ですから、お客様のニーズに合致していて初めて売れるものなのです。

裏を返せば、商品が売れるということは、社会に求められているということ、ニーズがあるということ。自信を持って前進し続ければいいと思います。

満足感はないが安全確実、という状況から抜け出しましょう!

最初はうまくいかなくて、苦しい時期を経験するかもしれませんが、その先には、もっと楽しい、もっと素晴らしい未来が待っています。

起業が生まれるとき

どんな起業も最初は夢から始まります。

夢を見ることが出来れば、望みを叶えられる現実があることに気づくかもしれない。

望みが叶った自分の姿を想像し、その細部を心の目で見たなら、現実にそれを実行することは楽になるはずです。

すべてを失って損失だけが残るリスクをおかすより、小さな、けれど確実な成功を手にすることの方が望ましいです。

生き残るための妥協は、優れた戦略であるばかりでなく、優れたビジネスでもあります。

人生の経験全てが必要不可欠だということ

どんなに大きな、あるいはどんなにつらい失敗であっても、すべての失敗の背後には必ず、次の段階に通じるドアがある。長い目で見れば、それが私たちを成功に導いてくれます。

だから、どんなにひどい失敗をやらかしたとしても、ビジネスへの取り組みをやめてはならないのです。過去に置き去りにしてきたものはひとつ残らず把握していても、未来に何が待ち受けているのかは誰にも分かりはしないものです。

いつでも必ず大きな成功を手に出来ないとしても、全身に満ち溢れる冒険心、創造力、責任、そして誇りが、きっと背中を押してくれます。

疑うのではなく信じる。それを成し遂げるために、自分の良心に従い、幸福を追い求め続けるべきです。

どんなに平凡でありきたりでも、日常生活は私たちに必要不可欠なもの、なくてはならないもの。その気持ちを忘れずにいたならば、私たちは人生の一瞬一瞬を大切に思い、おろそかにしなくなるはずです。

いま、この瞬間を逃さないよう、しっかりつかんでいたいものです。まだ自分の目の前にあるうちに、そのことに感謝できるように。