名声価格

価格には「価値を得るための対価」としての役割のほかに、「価値を期待させる」効果がある。マーケティングの専門用語では「名声価格」と言われる。
強いブランドには価格の好循環が作用し、ブランド力が強化されることにより、高い価格でも購入したいという顧客が増えるので「プレミアム価格」をつけることができる。プレミアム価格をつけることができれば、1000円のリンゴのように、「高かろう、良かろう」の心理メカニズムが作用するため、顧客の知覚する品質は高くなる。

段階価格

価格を「松・竹・梅」に分ける考え方。行動経済学によると、人は「松・竹・梅」で価格を分けられると、「極端の回避性」という心理が働き、無難に「竹」を選んでしまうことが知られている。鳳凰レコードにおいても、同じ商品が数点ある場合は、500円、800円、1000円のような価格設定を取り入れている。

慣習価格

一般に、価格は高ければ高いほど売り上げ数量は落ち、価格が安ければ安いほど売り上げ数量が伸びる傾向にある。慣習価格は、自動販売機で売られている飲料のように顧客から見た価格相場がほぼ固定しており、多少価格を下げたとしても売上数量はあまり伸びない。このような慣習価格をもった商品の場合は、顧客の「価格相場」に従った価格設定を行う必要がある。誰かの全曲集のCDなどは相場が固定している商品もあり、300円でしか売れない商品もある。

均一価格

100円ショップなどのように、価格を均一にする価格設定手法。よくヤフオクでは300円均一や500円均一に価格設定している出品者を見かける。鳳凰レコードでも、セール時には1000円均一をしたり、2500円均一を行うこともある。