一点ものの価格設定

(1)アンカリング効果

せどりをしていると、50000円などの俺様価格をつけている商品をみることがあるが、これは理にかなった値付けの方法であるとも考えられる。

 

 

俺様価格を利用した値付けも効果的な場合がある。

 

 

アンカリングとは、「第一印象」の効果を利用した価格戦略のことをいい、研究でもその効果が実証されている。鳳凰レコードでも30000円の価格設定を最初は行う商品もある。実際に30000円で売れてしまう場合もある。

 

 

例えば、過去の相場が6000円の商品があったとして、しばらくの間30000円で販売されていて誰も購入しないような場合を想定する。

 

 

 

この場合、過去相場の6000円で販売するのではなく、間をとって15000円や20000円で販売するという値付けの仕方である。

 

 

この商品を買いたいと長らく思っていた顧客は30000円は高くて出せないと常々思っていても、15000円の半額になれば、お得に感じて購入につながるといった戦略である。これを「アンカリング効果」という。

 

 

(2)プレミア価格の値付け

高額なプレミア商品の場合は、キリがいい数字で販売すると効果がある。

 

 

30000円、40000円、50000円といった数字が効果的である。

日本人の数字の調査では、「10」という数字は、キリがいい、満足、パーフェクトというイメージを持つという研究結果がある。

 

 

 

(3)他に出品者がいない場合

プレミア価格の価格設定は、強気の価格設定を一定期間行いたい。

 

 

他に出品者がいない場合は、過去の相場よりも高い価格設定でよい。

 

 

以前に実際にあったケースで言えば、過去相場は500円の商品を3800円で販売したところ落札されたケースや、過去相場800円の商品を5000円で販売できたケースもある。

 

 

価格を高く設定する理由は、その時点で「一点もの」であるので、他のストアでは買うことができないことや、うまく売れれば高利益を得られることがある。

 

 

 

 

 

価格を高くすることで購入率は下がるが、高くても欲しいという人が1人でもいれば売買は成立する。

 

 

一点ものの出品の際は、自分で自由に価格を決めることができるチャンスである。

 

 

他の出品者が現れてきた時点で、価格を下げればいいので、それまではいわゆる俺様価格というプレミア価格を設定しても損はないはずである。

 

 

その価格で売れるかどうかは、出品してみないとわからない。

 

 

しかし、あまりに高すぎると顧客の興味を失わせてしまうので、どんな顧客が買うかを想像して、手の届きそうな価格設定をするのが大事である。