副業をすべき理由

個人で稼ぐ力を得る必要があるから

本業ではできない、やりたいこと探しができるから

人生100年時代を生き抜くのに、1億円は余裕で必要になってきます。そして、収入が減り、支出が増える時代に突入します。

副業なら「本業の業界以外の気になる仕事」にも挑戦できるし、もしチャレンジして自分の思ったものと違ったらすぐにやめて、次の副業に挑戦して適性を判断すればいいだけです。適性を判断できることで、転職にも役立ちますし、業務とのミスマッチもなく楽しく働けることが可能となります。

何度も、低リスクにやりたいことに挑戦できるし、適性を判断することで転職後のミスマッチを回避できる。それが副業の魅力です。

本業ではできない「やりたいこと探し」をお金のためだけでなく、「後悔しない人生」のためにも、チャレンジしてみるといいかもしれません。

そこで自分に合った仕事が見つかれば、それほど幸せなことはありません。

副業をする目的を決めよう

なんのために副業をするのか?という目的を定めると、その目的を達成するために、「どんな副業に取り組むべきなのか」が分かりますし、取り組むべき副業が分かると、「どんな準備や始め方が必要なのか」が分かり、逆算できるようになります。

副業のゴールを設定し、そこに向かって走っていくことが重要です。

「人生の夢や目的」から考えてもいいでしょう。

例えば、
・後悔しない人生を送るため
・時間や場所に縛られない人生を送るため
・好きな人と、好きな場所で、好きな時間に好きなことができる人生を送るため
などの目的が考えられます。

後悔しない人生を送るためには「死ぬまでにやりたいことリスト」を作るのもオススメです。

私は、定年後に絵本作家として絵本や童話を書く予定を立てていましたが、「明日死ぬかもよ」という本を読んで、今すぐに実行しなければと考えを変え、今年、絵本作家デビューという夢を果たしてしまいました。

副業のリスクを検証する

低資本で始められるか、借金は不要か。
副業なのに大きな負債を抱えて始めるのは避けたほうが良いです。

在庫を抱えないか
在庫を仕入れるだけでも資金が必要ですし、もし売れなければ赤字です。なるべく在庫を抱えない副業が良いです。

副業初心者は、「低資本、借金なし、在庫なし」の3原則を守って、リスクの高い副業を排除するのがオススメです。

「すぐに一人前になれる副業」(アルバイトなど)は、労働モデルから脱却しにくいためオススメされないです。一方で「すぐに一人前になれない副業」(WEBサイト運営やYouTube動画編集など)は、時間と労力がかかるデメリットはありますが、極めていくと市場価値の高い人材になり、年収を最大化できるためオススメとなります。

最も重要なのは「時給の上がりやすさ」等ではなくて、「その人の覚悟・気持ち・取り組む姿勢」だと思います。

重要なのは「絶対に結果を出す」「経験を学びに変える」「顧客に価値提供する」という取り組むスタンスです。そういうスタンスのある人は、どれだけ失敗をしても、そこから多くを学ぼうとするので、どんな副業でもきっと成果を出せると思います。